病院における薬の院内処方と院外処方

十年ほど前までは、病院で診察を受けた後、薬は会計の時にもらい、一緒に清算するのが当たり前であった。看護師さんにとっては手間だったのかもしれません。看護師お悩み相談集に書き込まれていたこともありました。いつの頃からか、病院の近くに小さい建物が建設され始め、病院で一度診察料金を精算してから、処方箋をもって薬局に行き、薬は薬局で精算するようになった。今では、この院外処方とよばれるやり方が主流で、昔のような院内処方の病院はほとんど見なくなった。患者としてのメリットは何なのだろう。デメリットは1度で済ますことができないということが大きい。たいてい病院に行く時は体の調子が悪くていくのであり、そのような時に、もう1箇所、薬のために寄るところがあるのは、多くの人にとって負担だと思う。特にお年寄りや、小さい子ども連れの人には、負担は大きいであろう。メリットを考えると、複数の医療機関で同時に受診している場合に、薬が重なっていたり、飲み合わせが悪い薬がないかなどのチェックが薬局でできることであろうか。ただ、この場合は、同じ調剤薬局を患者側が利用していなくてはいけない。たいてい、院外処方の場合でも、病院のすぐ近くの薬局に行く場合がほとんどだ。以前、できるだけ同じ薬局で薬をもらった方が良いと思い、病院の最寄の薬局ではないところで、処方箋をだしたら、その薬局には置いていない薬であったため、取り寄せになるといわれ、また、病院の近くの薬局に戻った苦い経験がある。病院、薬局にとっては、院外処方をするうえでのメリットはどのようなものなのだろう。ただでさえ、辛い状況の患者の身になって、受け取りやすい薬の処方の仕方を考えてもらいたいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">